SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 戸建てを売却する際の注意点!期間が長期化する原因や対策を紹介

戸建てを売却する際の注意点!期間が長期化する原因や対策を紹介

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

戸建てを売却する際の注意点!期間が長期化する原因や対策を紹介

戸建てを売却する際の注意点!期間が長期化する原因や対策を紹介

戸建てを売却する際、「早く売り出して、売れる確率を上げたい」と考える人は多いでしょう。
実際、販売が長期化すると売却が不利になるようなデメリットが増えていきます。
今回は戸建てを売却する際に長期化してしまう原因、またそうなった場合のデメリットは何なのかを、対処法や回避策も含めて紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建てを売却する際に長期化する原因とは

戸建ての売却が長期化すると経年劣化で資産価値が下がり、1年を超えると自動的に中古物件扱いになってしまいます。
他にも広告費用がかさんだり、固定資産税など維持費用を払い続けなければならないなど、デメリットだけが増えていきます。
ではなぜ長期化してしまうのでしょうか。
その原因として挙げられるのが以下の3つです。

価格が高い

もっとも考えられる要因は価格です。
売り出している物件が市場価格や購入希望者の需要に見合っていないことが考えられます。

広告が良くない

一般的に、広告を打ち出してから最初の問い合わせがあるまで2~3週間程度と言われています。
問い合わせがなく価格は適正である場合、広告が原因と考えられます。

時期が悪い

不動産の需要のピークは毎年12月末~翌年4月頃です。
もし価格や広告に問題がない場合、このオンシーズンを過ぎてオフシーズンに入っていないかを検討してみましょう。

戸建て売却が長期化しないための対処法や回避策

ではどうやって長期化を防げば良いのでしょうか。
先ほど紹介した原因3つに対して、具体的な対処法や回避策を紹介します。

価格を適正にする

売り出し価格を適正価格にするには、まず市場価格を知る必要があります。
ご自身が売り出している物件と近い条件で売りに出されている物件の価格を調べてみましょう。
駅から徒歩何分か、間取り、面積、築年数、駐車場などの条件が同じ、もしくはできるだけ近い物件を探します。
物件は多いほど比較しやすいので、複数の不動産サイトを利用して検索することをおすすめします。
これが事前に調査できていれば良いですが、もし売却が長期化してしまっている場合はすぐに価格を変更することをおすすめします。

広告文を変える

もし価格が適正な場合、自分の物件がどう打ち出されているか広告内容を検索してチェックしてみましょう。
意図した内容の広告になっているか、見え方はどうか、スペース・サイズはどうかなどをしっかり見ていきます。
イメージと違っていた際はすぐに内容を変えるか、場合によっては不動産会社を変更することも視野に入れて動くことをおすすめします。
事前の回避策としては、同条件の物件の広告を調べて、書き方やPRの仕方を真似るとよいでしょう。

時期を見直す

良い物件だとしても、オフシーズンだと売れにくくなります。
すでに売却が長期化してしまっている際は、価格を市場価格よりも下げて売れやすくするとよいでしょう。

戸建て売却が長期化しないための対処法や回避策

まとめ

戸建ての売却が長期化すると売り手にとっては不利な状況になります。
長期化する原因を踏まえて、今回紹介した対処法や回避策をうまく活用してください。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る