SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > リビングで収納できる場所が少ない家での収納方法をご紹介!

リビングで収納できる場所が少ない家での収納方法をご紹介!

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

リビングで収納できる場所が少ない家での収納方法をご紹介!

リビングで収納できる場所が少ない家での収納方法をご紹介!

家族みんなが使うリビングは物が多くなりがちです。
間取りによっては収納個所が少ないことで、苦労しているご家庭も少なくないでしょう。
本記事では、リビングで物をしまえる場所を増やす方法や、おしゃれな収納棚の使用例をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

リビングの収納が少ない家で収納場所を増やす方法

物をしまえる場所を増やす方法で特におすすめなのが、ラックやつっぱり棒を使用する方法です。
この方法のメリットは、低予算でも簡単にスペースを作れることです。
たとえば、部屋の端にぴったり合うサイズのラックを置き、上につっぱり棒でカーテンのように布をたらせば、クローゼット風のスペースを作れます。
このとき、布は部屋の色合いに合ったものを選ぶことがポイントです。
部屋になじませることで、圧迫感を感じなくなります。
壁に寄せてラックを置くことができない場合は、リビング内の仕切りとしてラックを置くこともアイデアの一つでしょう。
ラックを設置する場合は同時に耐震対策も行いましょう。
大きいラックを設置する場合は特に注意が必要です。
つっぱり棒式の耐震ポールをラックの上に設置するか、ラック本体に転倒防止ベースがついているものを選んで耐震対策を行ってください。

リビングの収納が少ない家でおしゃれな収納棚を使う

おしゃれな収納棚は予算がかかり、すぐには手を出せないと思う方も多いでしょう。
しかし、自宅にあるものをアレンジするだけでもおしゃれは手に入れられます。
一番簡単なのは、ラックやキャビネット・カラーボックスに合うサイズのボックス・カゴを入れることです。
おしゃれになるだけでなく、中身の目隠しにもなります。
一方、シンプルなラックで中身を見せるのもおしゃれです。
お店で商品が並んでいるように物を並べるとそれだけでグッと雰囲気が出ます。
これと似た考え方では、壁面を使う方法もおすすめです。
壁面に取り付けるタイプの小さい棚を設置することで、物を片付けるだけでなく小物を置くこともできます。
ここで注意が必要なのは「おしゃれになるから」「物をたくさん片づけられるから」と言って、なんでもかんでも置かないことです。
片づけられる場所が少ないと大きい棚を置きたくなってしまいますが、大きい棚は部屋の余白を奪ってしまいます。
部屋の余白も考えたうえで、棚を選ぶようにしましょう。
大きい棚に物を詰め込むのではなく、小さい棚でも大容量タイプのものを選ぶこともおすすめです。

リビングの収納が少ない家でおしゃれな収納棚を使う

まとめ

今回はリビングに収納スペースを作る方法や、おしゃれな棚にする方法をご紹介しました。
リビングに置くものや片づけ方を変えるだけで、空間の雰囲気もガラッと変わります。
ご紹介したもののなかには低予算で今すぐ試せるものもあるので、ぜひ試してみてください。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る