SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 戸建てにおける玄関の広さの平均と注意点をご紹介します!

戸建てにおける玄関の広さの平均と注意点をご紹介します!

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

戸建てにおける玄関の広さの平均と注意点をご紹介します!

戸建てにおける玄関の広さの平均と注意点をご紹介します!

玄関は家の出入りで毎日のように目にする場所であり、家の印象を決めるといっても過言ではありません。
インテリアや香り、明るさや広さによって快適に使用することができるかどうかがポイントです。
ところで快適に使える玄関の広さはとは一体、どのくらいなのかご存じでしょうか?
この記事では平均的な広さや、玄関の広さを決める際の注意点などをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建てにおける平均的な玄関の広さ

戸建てであれば、平均的な玄関の広さは3畳ほどといわれています。
玄関は土間・シューズボックスなどの収納スペース・玄関ホールにわけられ、それぞれ1畳ほどのスペースを確保できるのが理想的です。
玄関の収納スペースには自転車や自動車のメンテナンス道具やアウトドア用品のほか、靴のメンテナンス用具を入れることも多く、靴を収納するだけのスペースとは限りません。
玄関にある程度の収納力が備わっていれば、玄関ホールを広く使うことができます。
家族構成によって必要な玄関の広さは異なり、2人暮らしの場合は1.5畳程度の広さで問題ありません。
3人以上であれば、3畳程度の広さがあれば余裕を持って使うことができます。
ベビーカーや自転車を玄関に置きたい場合は土間を広くし、収納物が多い場合は収納棚のスペースを多く取りましょう。
来客の多い家では、4畳以上の広い玄関が良いでしょう。
また、小さなお子さんがいる家庭では、玄関の土間が広いとちょっとした遊びスペースにもなります。

戸建てにおける玄関の広さと注意点

玄関は毎日のように使う場所であり、接客の場でもあり、快適さと心地よさを感じられる空間にすることが大事です。
子供の友達が頻繁に遊びにくるような家や、来客の多い場合では広いスペースが必要になります。
玄関スペースは横長の空間だとゆったりとして見え、使い勝手も良くおすすめです。
玄関にあまりスペースを取れない場合でも、横長にするだけで使いやすい空間にすることができます。
しかし、家に対して玄関が広すぎると殺風景に見えたり、掃除に手間がかかってしまったりするため、必要以上に広くする必要はありません。
趣味のバイクを置きたいなど目的をはっきりさせ、収納スペースを別に追加したりして、使いやすく工夫することも大切です。
また、観葉植物を置いてベランダのように活用することや、傘を干すスペースにすることもできます。

戸建てにおける玄関の広さと注意点

まとめ

戸建てにおける玄関の平均的な広さと注意点などをご紹介しました。
玄関スペースは家庭状況や、来客が多い・少ないなどによって、どのくらいの広さが必要か検討してみてください。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る