SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 新築に宅配ボックスは必要?おすすめする理由や注意点とは

新築に宅配ボックスは必要?おすすめする理由や注意点とは

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

新築に宅配ボックスは必要?おすすめする理由や注意点とは

新築に宅配ボックスは必要?おすすめする理由や注意点とは

郵便配達を頻繁に利用する、もしくは家を開ける機会が多いご家庭にとって、宅配ボックスは大変便利な設備です。
しかし、実際に設置する際には注意点や思わぬ落とし穴も存在します。
今回は、これから新築の購入を検討されている方のために宅配ボックスをおすすめする理由やメリット、デメリットを解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築におすすめの宅配ボックス:メリット

宅配ボックスの設置をおすすめする最大の理由は、なんと言っても不在時に荷物を受け取れることです。
お勤めをされている方、頻繁に外出をされる方など、配達時間に家にいることが困難な場合にボックスがあれば大変重宝します。
また、再配達の手続きをする必要もないため、受け取り手だけではなく宅配業者にも手間をかけることもありません。
配達員と接触する必要がないことから、たとえ在宅時でもちょっと手が離せない、お風呂に入っていたなどの状況でも大変役に立ち、押し売りや不審者などの防犯対策にも繋がると言ったメリットもあります。
本来の用途に加え、回覧板や郵便ポストに入らない大きめの書類や荷物を入れることもできます。

新築におすすめの宅配ボックス:デメリットや注意点

ネットショッピングなどを頻繁に利用するのであれば、宅配ボックスを設置した方が何かと便利なのは間違いありません。
しかし、ボックスの大きさは限られておりすべての荷物に対応するわけではないので注意が必要です。
外箱が想像していたよりも大きくて入らなかった、荷物が複数個あったという状況ではボックスを利用できません。
設置をする際には大きさや用途について事前に確認しておきましょう。
また、意外な落とし穴として郵便物に気づけないということが挙げられます。
精密機器や貴重品、また冷蔵や冷凍が必要な生ものなど、直接受け取りたい荷物だった場合、配達員がボックスに入れてしまい気づけなかったという状況は珍しくありません。
ボックス内に長時間荷物を入れたまましておくと、盗まれる可能性や雨風で破損すると言ったデメリットも生じることもあります。
これらのトラブルを避けるためにも、定期的にボックス内をチェックし、荷物が配達されたらなるべく早めに取り出しましょう。

新築におすすめの宅配ボックス:デメリットや注意点

まとめ

一言に宅配ボックスと言っても、ポストのように門や外壁に埋め込むタイプ、敷地内に設置するタイプ、またホームセンターで手に入るような簡易タイプまでさまざまな種類があります。
新築にボックスの設置を検討する際には防犯のことを第一に、使用用途や目的によって適切なものを選びましょう。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る