SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 戸建てのサンルームとは?サンルームの設置方法や注意点について

戸建てのサンルームとは?サンルームの設置方法や注意点について

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

戸建てのサンルームとは?サンルームの設置方法や注意点について

戸建てのサンルームとは?サンルームの設置方法や注意点について

明るいサンルームは、マイホームを建てる時に誰もが一度は憧れるものなのではないでしょうか。
ちょっとしたくつろぎの時間を過ごしたり、洗濯物を室内干ししたりと、サンルームがあれば、日々の暮らしが心豊かなものになりそうですよね。
実際に戸建て住宅リフォームや増築でサンルームを設置しようと思ったら、費用はどれぐらいかかり、どんな注意点があるのかについてお話していきたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

費用について|サンルームを設置する際に必要な費用と内訳を紹介

戸建て住宅にサンルームを増築する時にかかる費用は、4.5畳から8畳の広さで、50万円前後から600万円ぐらいと、価格に大きな幅があります。
広さやサンルームのタイプによって、価格は大きく変わってきます。
費用の内訳は、サンルーム本体の代金、サンルームのオプション代金、組み立て費用、取り付け費用の他に、基礎工事や防水工事の費用となります。
オプションとは、室内干しに使う物干し竿や、雨どい、手すりやステップなど、さまざまなものがあり、それぞれ2万円前後からとなっています。
他に、網戸を取り付けたり、折り戸に変更したりと、希望によって3万円から5万円ほど必要になる場合もあります。
取り付け費用は、取り付け場所の状況によって、追加料金が発生することもあります。

注意点について|サンルームを設置する際どんなことに気をつければいいの?

戸建て住宅にサンルームを増築する場合、注意する点もいくつかあります。
サンルームとは言え、増築工事をすることにあたるので、役所に申請をしなくてはなりません。
また、床面積が広がるので、固定資産税が増えることを覚えておきましょう。
もう一点、注意したいのが、施工業者の選び方です。
増築をする時に重要なのが家とのつなぎ目部分の施工で、この処理がうまくいかないと、雨漏り等の不具合が発生することもあります。
価格の安さだけにとらわれず技術の確かなリフォーム会社を選ぶことが大切です。
口コミや実際に利用した知り合いの情報などをもとに選ぶようにしましょう。
ガラス面が多いサンルームは、外気の影響を受けやすい性質があるため、断熱材などの素材や作りについては、専門家とよく相談の上、決めるようにすることをおすすめします。

注意点について|サンルームを設置する際どんなことに気をつければいいの?

まとめ

憧れのサンルームを、今の戸建て住宅に増築しようと思ったら、まずは設置にかかる費用とサンルームのメリット・デメリットについて、よく確認するようにしましょう。
建ぺい率や固定資産税など、よく分からない時には専門家に相談して、予算に合ったサンルームを設置すると安心です。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る