SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > セットバックとは?戸建建築を考えている人に知っていてほしい道幅と土地の関係

セットバックとは?戸建建築を考えている人に知っていてほしい道幅と土地の関係

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

セットバックとは?戸建建築を考えている人に知っていてほしい道幅と土地の関係

セットバックとは?戸建建築を考えている人に知っていてほしい道幅と土地の関係

セットバックという言葉を聞いたことがありますか?
不動産屋の広告に「セットバック」と記載されていることもあるなど、戸建て住宅を建てようと思っている人には、知っておいてほしい大切な言葉です。

弊社へのお問い合わせはこちら

セットバックのメリットは?セットバックの意味と必要性を解説

セットバックという言葉には「後退させる」という意味があります。
不動産では、その言葉の通り、道路から家を後退させて建てることを意味します。
日本では建築基準法というものがあり、その中で、家は4メートル以上の道路に2メートル以上接していなければいけないという決まりがあります。
車2台がすれ違うことができ、消防車などの大きな車も通れるように、4メートル必要だとされています。
もしもこれから家を建てる場合、購入した土地が面している道路が4メートルに達していない時に、道路の中心から2メートル後退させて家を建てる必要があり、このことをセットバックと言います。
車を所有している家庭の場合は、道路の幅がきちんと4メートルあれば車の出し入れがしやすくなり、セットバックすることがメリットとなります。
また、セットバックによって道幅が広がれば、見通しがよくなるので防犯に役立ちます。

デメリットはあるの?セットバックによって生じる問題点や注意点を解説

それでは、セットバックによってどんなデメリットがあるのでしょうか。
合わせて注意点についてもお話していきます。
セットバックする部分には家などを建てることができないため、セットバックが必要な土地を所有していたり購入したりした場合、建築するスペースが思っていたものよりも狭くなってしまいます。
基本的にはセットバック部分は、その土地の所有者にありますが、利用してもよい内容には制限があります。
セットバック部分には門などの建築物を建設してはいけないので注意しましょう。
また、気をつけておきたいのは、何も手続きをしないままでいると、セットバックした部分にも固定資産税がかかってしまいます。
セットバックした分は固定資産税が免除される決まりになっているので、非課税申請を忘れずに行っておきましょう。

デメリットはあるの?セットバックによって生じる問題点や注意点を解説

まとめ

セットバックという言葉はあまり耳慣れないかもしれませんが、このように、戸建て住宅を建てる際にはとても重要な内容になります。
土地の購入後に後悔することの無いように、あらかじめセットバックのことを理解しておき、メリットとデメリットについてきちんとチェックするようにしましょう。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る