SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンを共同名義にすると得られるメリットとは?お得に住宅を購入しよう

住宅ローンを共同名義にすると得られるメリットとは?お得に住宅を購入しよう

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

住宅ローンを共同名義にすると得られるメリットとは?お得に住宅を購入しよう

住宅ローンを共同名義にすると得られるメリットとは?お得に住宅を購入しよう

住宅ローンの名義は夫もしくは妻一人にするのが普通だと思っていませんか?
実は住宅ローンの名義は、夫婦間どちらか1人にするという決まりはありません。
実は昨今、住宅ローンを共同名義にする夫婦も増えています。
ここでは、住宅ローンの共同名義について、詳しくお話していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

共同名義にするメリットは?住宅を賢く購入するために

たとえば夫婦両方に所得がある場合、住宅ローンを共同名義にすることができます。
共同名義で住宅ローンを借りるとメリットがありますが、そのためには、不動産の登記の際に持ち主を夫婦2人以上にしておく必要があります。
住宅ローンを共同名義にすると、住宅ローンの控除を夫婦2人がそれぞれ受けることができるようになります。
条件が合えば、最大で夫婦2人分の所得税・住民税が返ってくることも期待できます。
夫婦2人がそれぞれに住宅ローンの控除を受けるためには、1人ずつで住宅ローンを借りることが必要です。
もちろんこれは、夫婦に限ったことではなく、二世帯住宅を親子で購入する場合など、共同名義にすれば住宅ローンの控除額を増やすことができます。

共同名義には注意点も!住宅ローンを共同名義にする時に気をつけたいこと

メリットが多い住宅ローンの共同名義ですが、注意点もあります。
たとえば住宅購入時に、夫1人の年収では融資を受けられない場合、妻の年収を住宅ローンの審査に加える収入合算という方法があります。
この場合、妻は連帯保証人となりますが、連帯保証人は不動産の持ち分がないため、共同名義にならず、妻は住宅ローン控除の対象にはなりません。
また、共同名義ということは、その不動産が2人の持ち物になるため、持ち主のどちらかの気持ちで勝手に売却したりすることはできません。
たとえば離婚をした場合、夫婦のどちらかは家を売却したいと思っても、もう片方が住み続けることを主張した場合、話し合いが必要となります。
他に、購入時には働いていた妻が、なんらかの理由で仕事を辞めた場合、収入が減ってしまいますが、同じだけの額を返済し続けなければなりません。
同時に、妻の所得税が発生しなくなるので、住宅ローン控除も受けられなくなってしまいます。

共同名義には注意点も!住宅ローンを共同名義にする時に気をつけたいこと

まとめ

夫婦や親子などで不動産を共同名義にすると、住宅ローン控除の際にメリットがありますが、注意するべき点もあります。
長期にわたって返済を続けていく必要があるため、長い目で見て無理の無い範囲でローンを組むようにしましょう。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介   記事一覧   最適な寝室の広さとは?パターン別の具体例を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る