SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建ての玄関の向きで日当たりはどのくらい変わるの?

一戸建ての玄関の向きで日当たりはどのくらい変わるの?

≪ 前へ|費用の負担が軽くなる!堺市のリフォームで受けられる補助金   記事一覧   狭小地にある住宅のメリットとデメリットとは|次へ ≫

一戸建ての玄関の向きで日当たりはどのくらい変わるの?

カテゴリ:ブログ

一戸建ての玄関の向きで日当たりはどのくらい変わるの?

一戸建ての住宅を購入する時に絶対に譲れない条件ってありますよね。
今回フォーカスしたいのは、住まいの日当たり。
中でも、玄関の日当たり事情について徹底考察していきたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

その家の玄関の向き大丈夫?日当たりが良いケースのメリット

家探しには、立地条件だったり間取りだったり、それぞれのご家庭でこだわりの条件があることかと思います。
今回注目したいのは、マイホームの日当たり。
とくに、意外と見逃しがちな玄関に日当たりについてのお話です。
一戸建ての家に限らずマンションなどでも人気が高いのは、自然光とともに暮らすことのできるリビングルームが南向きや東南向きの家。
でも、玄関に関しては、とくにこれといった方角の希望がないという方も多いのではないでしょうか?
玄関は、毎日の生活の中でもそんなに長い時間を過ごす場所ではありません。
しかし、玄関という場所は、家族みんなが毎日のように行き交うことになる場所。
日当たりのよい玄関は、清潔な玄関を保つのにも一役買ってくれますし、家全体の雰囲気を自然と明るいものにしてくれます。
また、日中の来客時にもいちいち照明をつける手間がいらないというメリットも。
そのほかにも、靴箱にも湿気がこもりにくくなるというメリットもあるので、靴箱の中で靴がかびた経験があるという方におすすめです。

日当たりが悪い玄関のデメリットとは?対策方法もご紹介!

一般的に、家族が長い時間を過ごすことになるリビングルームや日当たりが重要になるバルコニーなどに比べると、どうしても部屋の向きを軽視しがちになってしまう玄関。
でも実は、地域によっては、非常に大切なチェックポイントともなるんです。
例えば、冬の時期に積雪が多い地域の場合。
玄関付近の日当たりの悪さがそのまま雪解けのよさにつながるので、季節によっては大きなストレスとなってしまうこともあります。
また、年間を通して雨の日が多い地域や梅雨から夏場にかけてのじめじめした時期が長い地域も、日当たりの悪い玄関が向かないエリアと言えるでしょう。
家の間取りを工夫することでも日当たりの悪い玄関を避けることができますが、すでに玄関の向きが決まっている場合は、ちょっとした工夫をしてみるのがポイント。
例えば、床やドアなどの玄関の内装を明るめの色調にする、ドアに自然光を取り入れるすりガラスの小窓を設けるなどもおすすめの方法。
雰囲気を明るくしたい場合は、日陰でも育つインテリアグリーンなどを置くのもおすすめです。
玄関外は、太陽光を反射しやすい白砂や玉砂利などを敷いたモダンなエクステリアを採用するなど、日当たりの悪さはアイデアで意外とカバーできるものでもあります。

日当たりが悪い玄関のデメリットとは?対策方法もご紹介!

まとめ

みなさんは、一戸建てのマイホーム購入にあたって、どのような条件を譲れない条件としていますか?
今まで玄関の向きについては考えたことがなかったという方は、ぜひ今回ご紹介させていただいたメリットとデメリットを家選びに役立てていただければと思います。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|費用の負担が軽くなる!堺市のリフォームで受けられる補助金   記事一覧   狭小地にある住宅のメリットとデメリットとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る