SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 堺市で借地権付き不動産の売却をしたい時に考えるべきこと

堺市で借地権付き不動産の売却をしたい時に考えるべきこと

≪ 前へ|あなたの旗竿地は売れる?売れない?不動産売却に関する方法と注意点   記事一覧   自然と古墳に恵まれたひとにやさしいまち!堺市美原区の住みやすさの理由とは?|次へ ≫

堺市で借地権付き不動産の売却をしたい時に考えるべきこと

カテゴリ:ブログ

堺市で借地権付き不動産の売却をしたい時に考えるべきこと

借地権とは、建物を建てるために地代を払い、他人から土地を借りる権利のことです。
大阪府堺市では、借地権付き不動産の売却はどのように行われているのでしょうか?
堺市で不動産を売却するときに相手に生じるメリットデメリットと、売却方法をお伝えしていきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

借地権付き不動産を売却したときに相手に生じるメリットデメリット

メリット①:マイホームを建てる時の初期費用が安くなる

土地そのものではなく借地権を買うという形を取ることで、土地の分の費用を抑えてマイホームを手に入れられます。

メリット②:土地の固定資産税が掛からない

土地の所有権は地主のものであり、税は地主負担になるため、その建物にかかる税の支払いのみで済ませることが可能です。

メリット③:更新をすれば土地に住み続けられる

借地権を買った人の更新は、地主は理由なく断れないため、土地に半永久的に住み続けることができます。

デメリット①:地代の支払いが毎月生じる

土地を借りている状態となるので、土地の代金を支払う義務が生じます。

デメリット②:勝手に建物を売ったりリフォームをしたりしてはならない

あくまで借りている土地なので、地主の許可を得ないと建物の売買、増改築はできません。
ただ、地主は正当な理由なく断ることはできないため、あらかじめ相談することが大切です。

デメリット③:住宅ローンが組めない可能性がある

住宅ローンを組む時に、借地権付きの不動産の場合だと土地は担保にできず、建物のみが担保となるため価値が下がって融資が受けにくかったり、融資額が下がってしまったりする可能性があります。
相手にとってメリットの大きい借地権付き不動産ですが、当然デメリットもあります。
売却する際も、そのことを考えた上で決めるようにしましょう。

借地権付き不動産の売却方法は?堺市では売却できるのか

大阪の不動産価格は現在上昇中です。
大阪万博の誘致に成功したためで、インフラの整備もされつつあるので、2025年の大阪万博までは上がり続けると予測されています。
堺市での不動産額は、北区、東区で高額になっています。
ただ、築年数や間取りの多さによっても左右されるので、すべて高額とは言い切れません。
堺市で売る時の額も、2025年がピークとなっているので注意が必要です。
借地権の売却は、扱う額の大きさやトラブル回避のため不動産業者に依頼するのがおすすめです。
堺市では多くの業者が売買に関わっているので、複数の中から選ぶことができます。
業者によって、売却方法や売却可能な額に大きな違いが出ることがあります。
そのため、1社のみの確認で業者を決めてしまうと、売値が低く後悔することになりかねません。
堺市に関わる業者の中から、知識量、金額、対応の速さなどを比べて決めるようにしましょう。

借地権付き不動産の売却方法は?堺市では売却できるのか

要チェック|お問い合わせ

まとめ

大阪府全体の不動産価格が上がっているため、堺市での売却額も年々上昇しています。
その価値を最大限に利用するため、売る側、買い取る側のメリットデメリットをふまえた上で、業者と相談しながら売却準備を進めていきましょう。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|あなたの旗竿地は売れる?売れない?不動産売却に関する方法と注意点   記事一覧   自然と古墳に恵まれたひとにやさしいまち!堺市美原区の住みやすさの理由とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

井岡弘大 最新記事



井岡弘大

大阪市から堺市まで幅広く対応させていただきます。 お客様のご要望に全力でサポートします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る