SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > あなたの旗竿地は売れる?売れない?不動産売却に関する方法と注意点

あなたの旗竿地は売れる?売れない?不動産売却に関する方法と注意点

≪ 前へ|泉大津市が力を入れる子育て支援の充実した魅力とは   記事一覧   堺市で借地権付き不動産の売却をしたい時に考えるべきこと|次へ ≫

あなたの旗竿地は売れる?売れない?不動産売却に関する方法と注意点

カテゴリ:ブログ

あなたの旗竿地は売れる?売れない?不動産売却に関する方法と注意点

旗竿地(はたざおち)とは何かご存知ですか?
堺市などの都市部に多い旗竿地は、その特徴のある形状が不動産マイナスポイントとなり、売却がしづらいといわれているのです。
旗竿地の売却しづらい理由と、上手に売却するために何か付加価値をつけることはできないのかを含めて、不動産売却に関するその方法と注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

旗竿地とは何か?旗竿地不動産の売却ポイントとは?

土地を上から見たときに、まさに竿に旗がついたような形をしている土地で、その形状から「敷地延長」の不動産だと呼ばれています。
道路との接地部分が少なく細長い路地状の敷地が奥へと続いていて、その奥に住宅が立っているといった敷地です。
旗竿地が売れる・売れないと議論される理由はそこにあります。

旗竿地が高く売れるプラスポイント


●1.路地状の敷地はよく駐車スペースとして使われますが、ある程度のサイズ感であれば他の用途でも使えるので、有効活用できる別エリアといえます。
●2.旗竿地は住宅が密集している場所に多いので、日当たりがいいのであれば他に比べてプラスのポイントとなります。

旗竿地が高く売れないマイナスポイント


●1.建築基準法の更新によるルール変更から、新たに建物を建て替えられない場合があります。購入時の建物をそのまま使わなければいけない可能性があるのです。
●2.道路とつながる細長い路地状の敷地部分には建物を建ててはいけないといったルールより、建築に使用できる面積が狭いこともマイナスポイントです。

旗竿地を売りたい!上手な不動産売却方法と注意点

どうしても売りにくい旗竿地ですが、売却の際はデメリットを何かのメリットに変えて購入者にいい不動産だとアピールすることが重要です。

「旗竿地の安さ」を売り文句にする方法

旗竿地などの不整形地は利用価値が低いのは事実です。
しかし整形地に比べると最大40%程度も土地の評価が低くなる点を逆手にとった安い価格での販売が可能です。

「プライベートが優先できる空間」を売り文句にする方法

前を通る車や通行人などからの視線を気にすることはありません。
奥まった場所に建物だからこそ窓やカーテンを気兼ねなく開けられ、快適に過ごせます。

「独立した敷地延長部分の有効活用」を売り文句にする方法

路地状敷地が十分に長ければ、車2台ぶんの駐車スペースになります。
車を所有しない場合は家庭菜園やガーデニングなど何か楽しむスペースとして有効活用できます。

旗竿地を売りたい!上手な不動産売却方法と注意点

おすすめ|お問い合わせ

まとめ

特徴的な土地の形をしているからといって売れないわけではありません。
あなたの旗竿地の特徴をつかんだ売り文句などを考えてみてください。
売却する時の注意点は、建て替えの自由がきかないため、むやみに解体をしないことです。
また、売却に時間がかかることが予想される場合には、住み替え時に先に住み替え先を準備しておきましょう。
四角い整形地に比べると業者により不動産の査定金額がそれぞれ違うため、複数業者の査定を受けることも大切です。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|泉大津市が力を入れる子育て支援の充実した魅力とは   記事一覧   堺市で借地権付き不動産の売却をしたい時に考えるべきこと|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

井岡弘大 最新記事



井岡弘大

大阪市から堺市まで幅広く対応させていただきます。 お客様のご要望に全力でサポートします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る