SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 子育てしやすいマイホームの条件は?立地と住宅機能の選び方を紹介します

子育てしやすいマイホームの条件は?立地と住宅機能の選び方を紹介します

≪ 前へ|不動産の売却は任意売却と競売どちらが良い?メリット・デメリットを解説!   記事一覧   マイホーム住み替えのポイントとは?タイミングや注意点を知ろう|次へ ≫

子育てしやすいマイホームの条件は?立地と住宅機能の選び方を紹介します

カテゴリ:ブログ

子育てしやすいマイホームの条件は?立地と住宅機能の選び方を紹介します

マイホームを購入するタイミングで最も多いのは、第一子が生まれた時です。
子育てをしやすいマイホームを建てるときは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?
マイホームを建てる立地と、子供の成長段階に合わせた住宅の機能から、マイホームを建てるときのポイントを探ります。

弊社へのお問い合わせはこちら

子育てしやすいマイホームの立地の選び方は交通状況がポイント

子供の誕生をきっかけにマイホームを購入する時は、交通が整っている地域を選びましょう。
電車やバスの最寄り駅から離れた場所にマイホームを建てると、通勤に時間がかかってしまいます。
また、子供が小さいうちは、健康診断や予防接種で病院に通う機会が増えます。
かかりつけの病院まで通うとき、交通機関が整っていない場所で赤ちゃんを連れて移動するのは大変です。
マイホームを建てる前に、周辺の交通状況は必ずチェックしましょう。
交通状況と同じくらい重要なのは、マイホームの立地から商業施設までの距離です。
日用品・食料品が買える大型スーパーやショッピングモールがあれば、小さな子供と一緒でも買い物に行きやすいです。
駐車場完備の店舗なら車で出かけるときも便利ですので、マイホーム建設予定地から最寄りの商業施設までの距離は事前に調べておきましょう。

子育ての段階に合わせたマイホームの選び方のポイント

子供と暮らすためのマイホームを建てるとは、住宅の設計も子育てに合わせたものにしましょう。
出産を機にマイホームを建てる場合は、赤ちゃんの声が家の外に漏れないよう、防音設備が整った住宅にします。
子供が成長して活発に動くようになれば、家の中で遊ぶ機会も増えます。
壁が薄いと子供の声が外に漏れてしまいますので、防音材を入れるといった対策を忘れずに行いましょう。
児童期の子供がいる家庭では、子供の通う学校から自宅の距離、通学路の安全性も大事なポイントです。
学校から自宅まで遠すぎると、通学時に子供の負担が大きくなってしまいます。
また、通学路が交通量の多い道路と面している、見通しが悪い道路に面している場所だと、登下校時の安全面に不安が残ります。
通学路は見通しが広く、子供が車を確認しやすい場所であるかをチェックしましょう。
マイホームを建てる際は、中学生~高校生の受験期に備えて子供部屋を用意します。
勉強道具や子供の私物を置いても部屋が狭くならず、子供が集中できるスペースを作ってあげてください。

子育ての段階に合わせたマイホームの選び方のポイント

おすすめ|堺市の戸建一覧

まとめ

長く住み続ける場所だからこそ、マイホームをどこに建てるか・どのような機能を備えるかはとても需要なポイントです。
部屋の数を増やせばよかった、土地や町の様子についてもっと調べればよかったという後悔を生み出さないよう、マイホームの設計計画はよく見直しましょう。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の売却は任意売却と競売どちらが良い?メリット・デメリットを解説!   記事一覧   マイホーム住み替えのポイントとは?タイミングや注意点を知ろう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

井岡弘大 最新記事



井岡弘大

大阪市から堺市まで幅広く対応させていただきます。 お客様のご要望に全力でサポートします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る