SPハウジング > 株式会社SPハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却は任意売却と競売どちらが良い?メリット・デメリットを解説!

不動産の売却は任意売却と競売どちらが良い?メリット・デメリットを解説!

≪ 前へ|堺市北区の小学校で人気が高い小学校はどこ?保護者の口コミも調べます   記事一覧   子育てしやすいマイホームの条件は?立地と住宅機能の選び方を紹介します|次へ ≫

不動産の売却は任意売却と競売どちらが良い?メリット・デメリットを解説!

カテゴリ:ブログ

不動産の売却は任意売却と競売どちらが良い?メリット・デメリットを解説!

不動産のローン返済が困難になったときは、まず不動産を売却して、返済額を軽くします。
不動産を売却する方法は任意売却と競売から選ぶことができ、それぞれにメリット・デメリットがあります。
それでは、任意売却と競売の違い、メリットとデメリットについて見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の任意売却と競売の違いは抵当権の解除にあり

任意売却と競売の違いは、ローンが残ったまま抵当権を解除できるかにあります。
抵当権とは、不動産購入のために組んだローンが返済できなかった時、不動産を担保として差し押さえできる権利のことです。
抵当権はローンを完済すれば解除されるのですが、ローンの返済が難しくなった時には、金融機関が不動産を競売にかけてローンの返済にあてます。
競売では必ず買い手が付くとは限らず、不動産を売却できたとしても借金の返済に足りないこともあります。
競売にかけても借金が残ってしまう場合は、債務者が不足分を用意しなくてはなりません。
ローンの返済が困難でも、何とか自宅を売却したい。
そんな人に活用してほしい制度が、任意売却です。
任意売却は、ローンが残っている状態でも抵当権を解除して不動産を売却できる制度です。
任意売却を行う場合は、金融機関と不動産会社の協力が不可欠です。
不動産を売却した後の残債務返済について計画を立て、確実にローンを返済できるようにしていかなくてはなりません。
ですが、任意売却は競売よりも買い手が付きやすいため、債務返済の負担が減らせるのです。

不動産を任意売却するメリット・デメリットを比較

不動産を競売にかけるときは、裁判所への申し立てが必要です。
申し立てが通ると裁判所から執行官と不動産鑑定士が派遣され、物件の調査が行われます。
調査が終わると物件が売りに出されるのですが、通常の不動産購入のように内覧が行えません。
買い手は物件の状態を把握できず、購入まで踏み切れないのです。
競売物件は一般の不動産よりも買い手が付きにくく、売却価格も低くなってしまいます。
一方、任意売却は市場価格で売却できるため、査定額も競売より高くつけられます。
また、不動産所有者の債務状況が非公開で売りに出されますので、プライバシーを守れる点もメリットです。
競売に比べると金銭面のメリットが大きい任意売却ですが、デメリットもあります。
ローンを組む際に連帯保証人を頼んだ場合は、連帯保証人の承認がなければ任意売却できません。
また、任意売却ではローンを組んだ金融機関との連携が不可欠ですので、金融機関での手続きが必要です。
実際に不動産を売却するまでに多くの手続きが必要な点は、任意売却のデメリットと言えます。

不動産を任意売却するメリット・デメリットを比較

必見|お問い合わせ

まとめ

任意売却は、ローンを確実に返済するために有効な手段です。
本来は確実にローンを返せるのが一番良いのですが、どうしても返済の見込みが立たない時は、任意売却を検討してみましょう。
任意売却を行うときは、債務整理の実績が豊富で不動産の知識を十分に備えている弁護士に相談してください。
堺市でマイホーム購入・売却なら、株式会社SPハウジングお任せください。
不動産の事について何かご心配な事などがありましたら、お気軽にご相談下さい。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|堺市北区の小学校で人気が高い小学校はどこ?保護者の口コミも調べます   記事一覧   子育てしやすいマイホームの条件は?立地と住宅機能の選び方を紹介します|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

井岡弘大 最新記事



井岡弘大

大阪市から堺市まで幅広く対応させていただきます。 お客様のご要望に全力でサポートします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る